タイの高校

タイ人の高校生が《てるてる坊主》を作った結果

タイの公立高校では「日本語学科」が増えている

先週、日本語クラスの高校1年生のグループが、鼻息荒く職員室に駆け込んできた。

「先生!さっき中国語のクラスがうちわを作ってた!!私たちも何か作りたい!!」と。

つい最近も、「さっきドイツ語のクラスがウインナー焼いてた!私たちも何か焼きたい!」と言っていたのを、ホットプレートが足りないと言って断っていたので、今回はちゃんと要望に応えないと…と、ふと思いついた「てるてるぼうず」を提案。

すると、「てるてるぼうず??」とノリがあまりよくなかったので、ググって画像を見せると、「これってまさか…一休さんに出てくる吊るされた人形!?」と食いつきよし。

そこから一気にみんなテンションマックスになり、作りたい!今すぐ作りたい!と言うので、私もすぐに生地屋に飛んでいき、白い布をゲット。

次の日の授業は急遽、てるてる坊主を作ることになった。

その日は朝からウッキウキの高校一年生

3時間目、教室に行くと、満面の笑みで待っていた生徒たち。

まずは前日ググった情報を、あたかも「日本人なら知ってますよ」の顔で、てるてる坊主の由来などをパワーポイントを使って説明。

みんなの、そんなことより早くてるてるぼうずを作らせろよ圧に負けて、正方形に切った白い布と再生紙2枚を慌てて配布。

再生紙2枚をキレイに丸め、セロテープで形を整える。それを白の布で覆い、首元を輪ゴムで固定。最後に好きな顔を描く。

こんなん日本の小学校の図工でやったら、なんとか小2までの生徒がギリ盛り上がってくれるレベルだと思うが、タイ人の生徒にとっては、とても楽しいことらしく、思春期の男の子もこの通り、みんなワイワイてるてる坊主作りに精を出す。

 

ペンを配り、発想豊かなタイの子達が描いた顔がこちら。

猫だ!!かわいい。耳の中とほっぺたがオレンジ色なのもかわいい。

 

そろそろみんな顔を描き終わった様子。

 

描き終わった人から窓にてるてる坊主を吊るそう!

 

てるてる坊主を思いっきり縛り付けていく。

 

おお…どっさりいるねぇ…。

 

これぞ「タイスマイル」!純粋無垢な笑顔がかわいい~。

 

どのてるてる坊主も表情豊かでかわいらしい。にしても猫率が高いな。

 

個人的に大好きなのがこのてるてるワンちゃん。ビーグル犬かな?かわいすぎる~。

 

44人いるので、てるてる坊主も44体。

 

この子のてるてる坊主はパンクな感じで個性的。お友達と差をつけている。

 

吊るす前に、記念撮影も忘れずに。

常夏の国なのに、教室に「あれ」がない!?

ここまで見て、「あれっ、タイは年中夏なのに、この教室エアコンなくない?」と思った方もいるだろう。

そうなのだ、タイの公立の学校は、教室にエアコン無しが多い。そして案の定暑い。

暑さに強いタイの子でも、午後の授業にはバテてしまっている子もいる。

そして教師も辛い。汗だくになるので、うちわで扇ぎながらの授業になる。

もちろん化粧は土砂崩れ、夕方には手の施しようがなくなっている。

教室には一応天井に扇風機がとりつけてあるが、掃除もされていないし、たまに中でスズメが死んでいて、うっかりスイッチを入れてしまって大惨事になることもある。

 

さて、1時間かけて作ったてるてる坊主はみんな窓に吊るされ、風になびいている。

最近ほとんど雨が降らないのは、単に乾季になったからではなく、この子達のてるてる坊主のおかげかも?